血塗られた246歳のハッピーバースデー 米国人であることを「非常に誇りに思う」国民は今や38%

血塗られた246歳のハッピーバースデー 米国人であることを「非常に誇りに思う」国民は今や38%

血塗られた246歳のハッピーバースデー 米国人であることを「非常に誇りに思う」国民は今や38%の画像

分裂してもパレードとショーヘイでは一致

 分裂を深める米国で米国民がこぞって合意できるのは、「Fourth of July」(独立記念日)と、そして(オーバーな表現をお許しいただければ)「大谷翔平」だ。

 右も左も共和党も民主党もこの2つのことでは意見が一致している。

 独立記念日の7月4日には、東部でも南部でも「ブルーステート」(民主党支配州)でも「レッドステート」(共和党支配州)でも市町村の消防署が開放され、地元のボランティアがパンケーキを作って市民に振る舞う。

 パンケーキはトーマス・ジェファーソン第3代大統領の大好物だった。

 パンケーキを食べた後は、市民は町のメーンストリートに繰り出してパレード。町中が星条旗の小旗やTシャツ、ハットや風船で埋め尽くされる。

 そして夜には、学校の校庭で花火大会に興じる。

 片や、「大谷翔平」の人気は党派を超え、人種を超えて今や米国民全員の「英雄」になっている。ある意味で「ショーヘイ」はもはや日本から来た稀有の選手ではない。

 ベーブルース以来、大リーグに出現した「歴史上の人物」になっている。

 新型コロナウイルス感染症のパンデミックで過去2年中止されていた独立記念日に、アメリカ合衆国は246歳になった。

 そのパレードの最中、ビルの屋上から立て続けに銃声が響き、パレードに参加していた市民や見物客に目がけて70発の銃弾が浴びせられた。

 今年に入って309回目の乱射事件だった。現場は、米イリノイ州の人口3万人のハイランドパーク市。

 ミシガン湖に面した、シカゴから北方40キロ離れたベッドタウン。人口の82%は白人、ラティーノ8.9%、アジア系3.6%、黒人1.5%。

 犯罪件数も少ない治安が維持された閑静な町だ。

 民主党が強く、2020年の大統領選ではジョー・バイデン氏が得票数の80%を獲得していた。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)