米保守党の危機:次々離反する大物論客たち 保守派論客ジョージ・ウィルが世に問う「保守の矜持」とは何か

 米国のドナルド・トランプ氏が大統領になって以後、共和党の理念をメディアを通じて表現してきた保守派の論客たちが離反し始めている。

 ジョー・スカ―ボロ―(元下院議員、現在MSNBCキャスター)、スティーブ・シュミット(元共和党広報戦略責任者)、ブレット・スティファン(「ニューヨーク・タイムズ」コラムニスト)、マイケル・ガーソン、マックス・ブーツ(ともに「ワシントン・ポスト」のコラムニスト)、ジョージ・ウィル各氏が次々と共和党支持をやめている。

(https://politicalwire.com/2018/09/21/the-gops-growing-identity-crisis/)

 離脱組の最長老のウィル氏が6月上旬、新著を著した。

*1は「わが指導者」とまで評した。

*2と並び称される米ジャーナリズムの最高峰」と位置づけている。

*1=ウィリアム・バックリー・ジュニア。『ナショナル・レビュー』の創刊者で保守論壇の重鎮。

*2=ウォルター・リップマン、「現代ジャーナリズムの父」と評されるジャーナリスト。著書『世論』は大衆社会化する現代におけるジャーナリズムの意義を説いたジャーナリズムの古典とされる。マッカーシズムとベトナム戦争を厳しく批判した。

 ウィル氏は、過去45年間、「ワシントン・ポスト」に週2回コラムを書き続け、1977年、42歳の時ににはピューリッツアー賞(評論部門)を受賞している。

 子供の頃から神童と呼ばれた。プリンストン大学で政治学、歴史学を学んだのち、英国のオックスフォード大学でさらに研鑽に励んだ。

 それ以降、45年間、主義主張は終始一貫変わったことがない。そのウィル氏の新著のタイトルは『The Conservative Sensibility』(保守の感性)。

関連記事(外部サイト)