マンゴーとドリアンを分別廃棄しろだと?上海大混乱 生活ゴミの分別新基準スタート、住民の意識は変わるのか?

(姫田 小夏:ジャーナリスト)

 中国・上海では生活ゴミの分別の話題で持ち切りだ。単なる“茶飲み話”ではない。住民たちはちょっとしたパニック状態に陥っていると言っても過言ではない。

 7月から施行される「上海市生活ゴミ管理条例」によれば、生活ゴミは今後以下のとおり4種類の分別が必須となる。これに従わない住民は50元以上200元以下の罰金が課されるという。

(1)紙類、瓶、衣類、金属、プラスチックなどの「リサイクル可能なゴミ」 
(2)電池、蛍光灯、薬品、ペンキとその容器、殺虫剤などの「有害ゴミ」
(3)残飯、期限切れの食品、青果物の種や皮などの「濡れたゴミ(湿??)」
(4)上記以外の「乾いたゴミ(干??)」

わけが分からない分別の基準

 この春頃から上海の友人たちは、しきりにこの新しいゴミ分別を気にしていた。筆者は「分別回収に対する住民の意識が高まるのだからいいんじゃない?」と軽く受け流していたが、どうやらことはそう簡単ではないようだ。「濡れたゴミ」とは単なる「生ゴミ」だと思っていたが、実はそうではないらしい。

関連記事(外部サイト)