中国の植民地化するカンボジアの悲劇 違法建築でビル倒壊、土地は買い漁られ、臓器売買まで

 カンボジア有数のリゾート観光地、シアヌークビルで6月22日未明、中国企業が所有する完成間近の7階建てビルが崩壊した(ビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=MjAXLORl4a4 )。

 6月25日時点で死者28人を数え、犠牲者はさらに増える見通し。カンボジア史上最悪のビル倒壊事故となった。

 ビル内には、中国人の電気技師ら作業員約80人が寝泊まりしていた。カンボジア当局が当初から違法建築で建設中止を勧告していた中で発生した事故だった。

 ビルを建設していた中国企業はこの勧告を無視、違法建築を続行していた模様だ。

 米ワシントン・ポスト紙などによると25日、シアヌーク地裁で事故直後から拘束されていた中国人のビル所有者1人が過失致死罪の容疑で、さらに中国人の建設会社社長1人と中国人の現場責任者2人が共謀罪容疑で中国人計4人がそれぞれ起訴された。

 有罪判決を受ければ、過失致死罪で最大3年、重大化過失が認められれば5年から10年の刑に服すことになる。

 この最悪の事態に、タイ・バンコクで23日まで開催されていた東南アジア諸国連合首脳会議に出席していたカンボジアのフン・セン首相は24日、急遽現地入り、シアヌークビル市内全域の建設状況の検査を直ちに指示した。

 シアヌークビルは、カンボジアで唯一の深水港を要する港湾都市。カンボジアで崇拝されている故国王にちなみ、名づけられたシアヌークビル州の州都でもある。

 首都・プノンペンから飛行機で約40分、バスで約5時間のところにある。

 風光明媚なビーチが売り物で、カンボジア人が憧れる観光地だ。数年前まではカンボジアのエリートたちの新婚旅行でも人気のスポットだった。

 地元の漁師らが獲ったイカやシャコの炭焼きを頬張りながら、地平線に沈むオレンジ色の夕日を堪能することができるなど、筆者もその手つかずの自然に魅了された一人だ。

 自然にあふれ、アジアには数少なくなったちょっとした隠れ家的リゾートとして、日本人にも人気があった。

関連記事(外部サイト)