日本の輸出規制に対し、韓国で反日の機運 『土着倭寇』という新造語で日本叩きも

記事まとめ

  • 日本が韓国をホワイト国から除外すると発表し、韓国では反日の機運が高まっている
  • 日本の輸出規制に合わせ、日本製品の不買や日本への観光自粛を行うべきとの声もある
  • また、反日感情を抱かない人に対し『土着倭寇』という新造語でレッテルが貼られている

韓国で反日の新造語、「土着倭寇」で日本叩き 若者の間で盛り上がっていた日本ブームにも冷水浴びせる

 日本政府が7月1日、韓国をホワイト国から除外すると発表してから、韓国ではこれに対抗して「韓国も日本製の輸入を規制すべきだ」とか、「日本車などを買うのはやめるべき」とか、ネットではすでに反日の機運が高まっている。

 文在寅政権になってから国民の不満のはけ口となっている青瓦台の国民請願ネット掲示板にも「日本の経済制裁に対する韓国政府の報復措置を要請する」という書き込みが相次いだ。

 また、日本の輸出規制に合わせて韓国民がまず日本の製品に対する不買運動を行い、日本への観光を自粛、政府も関税報復などの措置を取るべきだという書き込みも多い。

 今や韓国では「日本=悪」という公式が成り立ってしまっている。

 日本でも「韓国=悪」になり始めている気もするが、韓国の方が感情的になっているようだ。

 政治的な問題にとどまらず、経済、社会、歴史・・・様々な分野で嫌悪感を抱くようになってしまった。SNSでは韓国も日本も嫌悪感丸出しの書き込みが増えている。

 日本のことはさておき、韓国について言えば、韓国では反日感情を抱かない人に対して「親日派」「土着倭寇」というレッテルが貼られる。

「親日派」という言葉は、韓国では悪い意味以外の何物でもなく聞き飽きた。加えて最近は新しい造語まで飛び出した。

関連記事(外部サイト)