【韓国への輸出規制】韓国で日本製品不買運動が始まり、日本車のレクサスに『テロ』も

記事まとめ

  • 日本による韓国への輸出規制で、韓国では日本製品に対する不買運動が始まっている
  • 日本車であるレクサスのタイヤに押しピンが刺さっている事例もあったという
  • 日本車への『テロ』については、他にも被害に遭ったという書き込みが掲載されている

日本車への「テロ」も! 韓国で広がり出す反日機運 「これも日本製か?」、韓国のネットを賑わす不買運動の標的選定

 7月1日、日本は3品目の半導体材料に対する韓国への輸出規制を発動し、韓国経済の急所を狙い撃ちした。突如、強烈な一撃を食らった韓国では「反日」の嵐が巻き起こり、日本製品に対する不買運動が始まっている。

レクサスのタイヤにピンが

「知り合いがレクサスに乗っていますが、今朝、前の両輪に押しピンが刺さっているのを見つけたそうです。私も日本のことは嫌いですが、日本車のオーナーも韓国人なのに、どうして他人の財産に害を及ぼすのか分かりません。みなさんも気を付けてください」

「日本車へのテロについていろんな話がありますが、私もマンションの駐車場を利用しているので不安です。しかし、(もしテロに遭ったら)私はじっとしていないつもりです。地獄まで追い掛けます。だから皆さんも大胆に考えてください」

 最近、不買運動の主要ターゲットになっている日本車オーナーたちが集まるインターネット同好会の掲示板には、「テロ」を心配するこのような書き込みが頻繁になされている。

 実際にテロに遭ったという書き込みも掲載されている。前輪の空気が抜けたトヨタ C-HRが牽引車に積まれている写真と共に、「タイヤの横側をやられて修理できないと言われた。駐車場には6台の車が駐車されていたが、日本車である私の車だけがテロにあった」という説明が付けられていた。

 キムチテロに遭ったという書き込みもあった。車の後方がキムチの赤い汁で汚れている白いレクサスの写真がアップれた。レクサスの車主は、「マンションの地下駐車場に停めていた車の後ろに誰かがキムチの汁をぶっかけた。駐車場の監視カメラで犯人を突き止められたら、刑事処罰が可能か」と、助言を求めていた。

「マンション1階の駐車場と地下駐車場で日本車の駐車を全面禁止する」という管理事務所の張り紙の写真も掲載された。ただし、掲示を許可する管理事務所のハンコがないことから、「偽物ではないか」という声も上がっている。

関連記事(外部サイト)