ウクライナで復活、プーチンお友達政党とその限界 クリミア、ドンバ スの票田が消えて親ロ派の政権獲得は困難

 7月21日、ウクライナで最高会議選挙が行われた。

 ゼレンシキー大統領の与党「人民の公僕党」が比例区・比例区だけでなく小選挙区においても地滑り的勝利を収め、独立ウクライナ史上初めて単独政党による過半数議席獲得に成功した。

 ウクライナ有権者が最重要視する問題、すなわち東部ドンバス紛争の解決と公共料金高騰には特効薬がなく、4月の大統領選挙での圧勝の勢いがあるうちに選挙を前倒し実施したゼレンシキー陣営の作戦勝ちといえよう。

 注目されるのは、親ロシア政党「野党プラットフォーム・生活党(以下、野党生活党)」が第2党に躍進したことである。

 他の既存政党が大統領新党にことごとく票を奪われるなか、得票率を伸ばした野党生活党の健闘ぶりが光る。

 同党は、ウラジーミル・プーチン・ロシア大統領と親密な関係にあるヴィクトル・メドヴェドチューク氏が率いていることでも注目される。プーチン大統領は、メドヴェドチューク氏の娘のゴッドファーザー(名づけ親)なのである。

プーチンのお友達

「プーチン大統領との個人的信頼関係」を売りとする政治家は世界に数多いるが、ウクライナのヴィクトル・メドヴェドチューク氏はその極北であろう。

 メドヴェドチューク氏は一貫してクレムリンの対ウクライナ政策と合致した公約に掲げ続けている。

 内政では、ロシア語の保護、そして連邦制導入ということになる。同様の政策は、同じく旧ソ連諸国モルドヴァのドドン大統領と社会党も採用している。

関連記事(外部サイト)