身構える韓国、「輸出優遇」除外決定当日の一部始終 北のミサイルに株価暴落、通貨下落と「崖っぷち」の文在寅政権

 日本がホワイトリストから韓国の除外を閣議決定した8月2日、韓国では一日中、蜂の巣をつついたような騒ぎが続いた。日本のホワイト国排除に加え、北朝鮮からのミサイル挑発、株価暴落までが重なり、韓国人を衝撃と憤りに追い込んだ当日の事件を時系列で整理してみよう。

北朝鮮のミサイルと株価下落で始まった一日

? 午前2時59分および3時23分
「北朝鮮が東海上へ2発の短距離ミサイルを打ち上げ」

 今年に入って5度目、6月30日の板門店(パンムンジョム)米朝韓会合以降、3度目のミサイル発射だった。

? 午前7時30分
「大統領府の鄭義溶(チョン・
ウィヨン)安保室長の主宰で係省長官議開催」

 この後、大統領府報道官は「新型短距離弾道ミサイル(SRBM)である可能性が高いと見ている」「関係長官は北朝鮮が再び短距離発射体を発射したことについて強い懸念を表明した」などの内容のメッセージで出入記者団に発送し、記者会見に代えた。大統領府は北朝鮮を非難する表現は極力自制するなど抑制的対応を貫いた。

? 午前9時
「株式市場開始」

 KOSPI(韓国総合株価指数)は前日より1%以上も下落した1995.31で取引開始。

 為替取引も開始直後、ウォン/ドルのレートが1196.5を記録し、ウォンが年初来安値を記録する。

?午前10時21分
「日本の世耕経済産業大臣が記者会見。直前の閣議で韓国
をホワイトから外すことが決定されたことを表」

 韓国メディアが一斉に速報を出し、「日本の二次報復が始まった」と非難した。

関連記事(外部サイト)