ボルトンの首刎ね、捕らぬ狸の皮算用 喉から手が出るほど欲しいノーベル平和賞の誘惑

名誉の切腹許さず、首刎ねる

 ドナルド・トランプ米大統領がネオコン(新保守主義)生き残りの強硬派、ジョン・ボルトン大統領国家安全保障担当補佐官の首を刎ねた。

 ボルトン氏は切腹(辞任)を願い出たが、斬首した。

 首を刎ねた後も「君はいくつものの重大なミスを犯した」と口汚く罵った。

 ボルトン氏がジョージ・W・ブッシュ(子)政権下で政府高官として無謀なイラク侵攻を推進させた「前歴」まで持ち出して批判した。

 トランプ大統領は政権発足から963日現在で2人の国家安全保障担当補佐官、2人の大統領首席補佐官、司法長官、連邦捜査局(FBI)長官を更迭。

 国務長官、国土安全保障長官、労働、厚生、内務、在郷軍人各長官を次々と辞任に追いやった。

 さすがに「狂犬マティス」国防長官は反発して辞表を叩きつけた。

 トランプ大統領は昨今、金融政策を巡って自分の意のままにならないジェローム・パウエル連邦制度準備委員会(FRB)の解任すらほのめかしている。いずれ首を刎ねるつもりなのだろう。

 政権とは、自分が長年やってきた不動産・ゴルフ・ギャンブル企業のようなつもりでいるのだ。

 気に入らない重役や役員は鶴の一声で解雇するワンマン社長の手口だ。

関連記事(外部サイト)