贈収賄が大手を振って歩き始めたロシアの秋 銀行のリストラを舞台に、賄賂の金額は異次元へ

 9月前半となって日本ではなお厳しい残暑が続いているが、北国ロシアでは既に夏は終わりを告げている。

 報道によれば北極圏に位置する人口12万人の工業都市ノリリスクでは今年初の吹雪警報と伝えられている。

 ロシアでは夏になると国の体制を揺るがす一大事が起こることが多い。今年もジャーナリストの不法逮捕に対する抗議デモ、統一地方選挙における不当選挙に対する抗議デモがモスクワを中心に盛り上がりを見せた。

 と言っても香港のデモに比べるとその規模は限定的である。香港を上回っているのはデモを制圧する警察官の手際の良さくらいであろうか。

 モスクワの街中を眺めてみると、9月に入って多くのビジネスパーソンが夏休みからオフィスに戻り、学校は新学期が始まることから、先月に比べると人や車の往来は活発化している。

 しかし、ショッピングモールや市内の商業地域あるいはレストランなどでの消費の盛り上がりは今ひとつ勢いに欠ける感が否めない。

 人々はお金を持っていないわけではないのだが、以前のように野放図に使わなくなったようである。

 足許のマクロ経済指標を見ても、景気の底割れリスクは大きくはない。さりとて急回復する要因も見当たらず、ロシアの景気には手詰まり感が漂っている。

 今回はロシア経済のこうした閉塞感を吹き飛ばす、景気の良い話をご紹介したい。

 と言っても、「ロシア発のユニコーン企業がモスクワ市場に上場!」という類のおめでたい話ではない。

関連記事(外部サイト)