日本、悲願のファイブアイズ加盟へ、眼中にない韓国 MITのアジア研究権威が新著で日本の諜報機関の実態を暴く

CIAスパイを教えた日本人女性

 日米で奇しくも相手国の諜報活動機関の実態を解明した本が出た。

 日本では山田敏弘氏の『CIAスパイ養成官:キヨ・ヤマダの対日工作』(新潮社)。

 米国ではMIT(マサチューセッツ工科大学)のリチャード・J・サムエルズ教授の『Special Duty: A History of the Japanese Intelligence Community』(特務:日本の情報機関の歴史))。

 山田氏はMITに留学中にキヨ・ヤマダについて取材を始めたという。

 サムエルズ教授はアジア研究の権威。山田氏が同教授と面識があったことは想像に難くない。

 山田氏の新著を一言で言うとこうだ。

「戦後、キヨ・ヤマダという日本人女性が米中央情報局(CIA)に入局し、日本に送り込む米人スパイに日本語や日本文化、習慣などを叩き込んだ」

 彼女の生涯を追った力作だ。

関連記事(外部サイト)