トランプも文在寅も腹の内には「在韓米軍撤退」 東アジア「深層取材ノート」(第5回)

 韓国の文在寅大統領と、アメリカのドナルド・トランプ大統領が、現地時間の9月23日夕刻に、国連総会が開かれているニューヨークで、9回目の米韓首脳会談を行った。だが、日本が注視していた日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)について話し合ったという報道はなく、これが11月22日をもって破棄される確率が、いよいよ高くなってきた。

 私は、トランプ大統領もホンネでは、日韓GSOMIAを破棄したいのではないかと勘繰っている。

トランプも文在寅も金正恩に「恋してる」

 そもそもトランプ大統領と文在寅大統領は、日本では「不仲説」が取り沙汰され、「トランプ大統領と昵懇の仲の安倍晋三首相と大違い」などと報道されている。今回の米韓首脳会談でも冒頭、トランプ大統領が文大統領を無視して、一方的にまくし立てる場面が見られたことなどを、日本メディアは辛辣に報じた。

 だが、この米韓トップには、実は2つの重要な共通点があることを忘れてはならない。

 それは第一に、二人とも北朝鮮の金正恩委員長に「恋して」いることだ。

 北朝鮮が今年5月以降、短距離ミサイル実験を10回も行っているにもかかわらず、両首脳は意に介さない。そして両首脳とも、金正恩委員長を近く、自国に招待することを夢見ている。

 そのため、この両首脳の「不仲説」は、むしろ「二人が恋敵(こいがたき)だから」と考えた方がよいのかも知れない。早い話が、トランプ大統領は、文在寅大統領が自分よりも金正恩委員長と「近い関係」になってしまうのではと、ヤキモキしているのである。時に文大統領を無視したような仕草を見せるのは、「嫉妬」の表れである。だが、米韓両首脳は明らかに、同じ方向を向いている。

関連記事(外部サイト)