なぜ? 海外で謎の誤解「日本人はヘンタイが多い」 世界を席巻する日本のアニメ、現地で生み出す化学変化とは

(姫田 小夏:ジャーナリスト)

 アニメファンの聖地“AKIBA”(秋葉原)で、外国人観光客たちがエキサイトしている。全身タトゥーの金髪のお兄さんが、サンリオのキャラクター「ポムポムプリン」を手に入れようとUFOキャッチャーで格闘。体感型対戦ゲームから離れようとしないのは東欧系女子だ。順番待ちのリストには多くの外国人の名前が書きこまれる。アニメやコミックなどの関連商品を扱うアニメショップ「アニメイト」には、キャリーケースを引っ張って買い物に来るアジア人が後を絶たない。

 先日、東京の広告代理店に勤める20代の会社員Nさんから筆者のスマホに、「今、ブリュッセルのグランプラスにいるんだけど、現地の学生らしい女の子たちが『東京喰種トーキョーグール』の主題歌を日本語で大合唱しながら歩いている!」というLINEが届いた(注:「グランプラス」はベルギーの首都ブリュッセルの中心部にある大広場)。

『東京喰種トーキョーグール』は、日本の漫画家、石田スイ氏が描くダークファンタジー作品(サイエンスファンタジーともいわれる)。2017年には実写映画が23カ国で上映されており、海外にも『グール』ファンは少なくないようだ。

関連記事(外部サイト)