韓国とロシア極東の貿易高が中国に次ぐ規模に 極東における韓国の存在感が増す

記事まとめ

  • 2018年の韓国とロシア極東の貿易高は中国に次ぐ規模で、韓国の存在感が増している
  • 日露の貿易構造とほぼ同じだというが、韓国企業はロシア極東進出に積極的なのだという
  • 韓国企業が入居するための産業コンプレックスを建設することが、韓国の最優先事項とも

韓国、ホワイト国から外されロシアに急接近 韓国人観光客だらけのウラジオストク、ハングル表示のみの店も

 ロシア極東における韓国の存在感が増している。2018年の韓国とロシア極東の貿易高は97億2151万ドルで、中国に次ぐ規模だった。

 ロシアが原油やLNGなどのエネルギー資源を売り、韓国が自動車やその部品など機械類を売るという構造は、日露の貿易構造とほぼ同じである。

 しかも韓国は日本と違ってロシアのエネルギー分野に進出していないので、全体的な投資額は多くはない。にもかかわらず、なぜ韓国企業はロシア極東進出に積極的なのだろうか。

 ウラジオストクを訪問した韓露ビジネスカウンシル(Korea-Russia Business Council)のPark Johng Ho会長(パク・ジョンホ会長)に話を聞いた。

 韓露ビジネスカウンシルは、韓国の産業通商資源部(経産省に相当)が所管する非営利団体で、韓国政府の支援を受け、韓露の政治経済・友好関係発展のために2011年に設立された。

 パク会長は次のように話す。

「今年6月20日、韓国とロシアは、サービス・投資分野におけるFTA(自由貿易協定)交渉を始めることで一致した」

「もし締結できれば、医療や物流、商取引、観光といった分野で、韓国企業によるロシア投資の波を加速させることができる。ロシアの株式や債券市場、不動産、M&A分野にとっても、大きなプラスとなる」

 パク会長によれば、目下、韓国のロシア極東における最優先事項は、韓国企業が入居するための産業コンプレックスを建設することだ。

 これが完成すれば、農業、海産物加工、木材加工、造船関係の韓国企業20〜30社が一気に活動を本格化できる。

関連記事(外部サイト)