再び自殺者数増加の韓国、OECD最高 超ストレス社会の影、高齢者の自殺率深刻

再び自殺者数増加の韓国、OECD最高 超ストレス社会の影、高齢者の自殺率深刻

日本のホワイト国外しに抗議して日本大使館前で焼身自殺した韓国人も(写真は日本大使館前をパトロールする警官、写真:AP/アフロ)

 何ともやるせない発表が韓国であった。

 韓国の統計庁はこのほど、2018年死亡原因調査を発表したが、自殺者数が再び増加に転じたのだ。自殺率はOECD(経済協力開発機構)加盟国の中で最高になってしまった。

 2018年の自殺者数は1万3670人となり前年比で1207人増加した。1日当たり37.5人。人口10万人当たりの「自殺率」は26.6人となり、9.5ポイント増加してしまった。

リトアニアを抜いてOECD最悪に

 韓国でも自殺者の増加が社会的な問題となり官民を挙げて対策を進めてきた。その効果もあってここ4年ほどは自殺者が減少傾向にあった。これがまた増加してしまったのだ。

 年齢調整後の自殺率を比較すると韓国は人口10万人当たり24.7人でOECD加盟国の中で最高になってしまった。

 韓国はリトアニアのOECD加盟で2位になっていたが、2018年の統計では再び1位になってしまった。

 日本も自殺者数が多いことは大きな問題だ。2003年には3万4427人まで達したが、その後は減少に転じた。2018年には2万840人になった。

 2010年以降9年連続減少し、自殺率は16.5人で、厚生労働省と警察庁がまとめた統計によると「1978年に始めた自殺統計で過去最少」になったという。

 これに対して韓国は、増加に歯止めがかからない状態だ。

関連記事(外部サイト)