ロシア航空ショー:中国が存在感示す ロシア航空産業の協力関係は冷戦期に逆戻り?

ロシア航空ショー:中国が存在感示す ロシア航空産業の協力関係は冷戦期に逆戻り?

MAKSで飛行するロシア製ステルス戦闘機「Su-57」。米国からステルス戦闘機「F-35」を買えなくなったトルコに対し、MAKS会場においてプーチン大統領直々のセールスが行われた

 8月27日から9月1日まで、モスクワで「MAKS2019」という航空ショーが開催された。MAKSはパリやファーンボローに比べると知名度は劣るが、ボーイング、エアバスなど海外からも多数の企業が参加する国際的な航空ショーである。

 今回は、ロシアからミサイルを買ったため、米国からステルス戦闘機「F-35」の調達ができなくなったトルコからエルドアン大統領が招待された。

 そして、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が直々にロシア製ステルス戦闘機「Su-57」の商談を行った。ついでながら、なぜか一緒にアイスを食べたことが話題になったりもした。

MAKSはロシア航空産業への入り口

 航空ショーは、マニアが戦闘機やアクロバットチームが飛び回るのを見物に来るイベントである一方、航空産業の展示会という側面もある。

 MAKSはロシアの航空産業とのビジネスの機会を、海外の企業にも提供してきた。その中には少数ながら日本企業も含まれる。

 これまで、ロシアで新機種のプロジェクトが立ち上がるたびに海外のサプライヤーからの売り込みが行われてきた。実際、ロシアの旅客機は「スホーイスーパージェット」も「MC-21」も海外のサプライヤーの製品を広く採用してきた。

 例えば、米国の航空用機器大手のハネウェルはAPU(補助エンジン)や電子機器を提供し、航空機用自動生産設備で知られるドイツのブローチェはスホーイスーパージェット、MC-21双方に設備を納入している。

関連記事(外部サイト)