アジアの労働者が日本で働いてくれなくなる日 少子化が急速に進むベトナム

アジアの労働者が日本で働いてくれなくなる日 少子化が急速に進むベトナム

ベトナム・ホーチミンの夜景

(川島 博之:ベトナム・ビングループ、Martial Research & Management 主席経済顧問)

 ベトナムは「労働研修生」などという言葉と共に思い浮かぶ国である。現在、日本に滞在するベトナム人は約33万人。その数は中国、韓国についで多く、近年急速に増加している。

 ベトナム人は真面目でよく働くと言われて、日本での評判は概して良い。多くが大乗仏教徒であり、日本での生活において宗教的な違和感が少ない。イスラム教徒が多いインドネシアなどとは異なり、食事についても特段の注意を払う必要がない。

 そんなベトナムの人口構成はどうなっているのだろう。今回はベトナムの人口について調べてみた。

TFR(合計特殊出生率)が急速に低下

 ベトナムの人口は現在9700万人。2040年に1億800万人になるとされる(国連人口予測)。まだ増えてはいるが、その増加率は急速に低下している

 図1に日本とベトナムにおけるTFR(合計特殊出生率)の推移を示す。1970年頃にベトナムでは1人の女性が6人から7人の子供を産んでいた。しかし、図に示すように2015〜2020年は2.06にまで低下した。

関連記事(外部サイト)