ジュリアーニの手榴弾で万事休すか ウクライナゲート疑惑巡り米議会は「公開」聴聞会へ

ジュリアーニの手榴弾で万事休すか ウクライナゲート疑惑巡り米議会は「公開」聴聞会へ

「ウクライナゲート疑惑」の仕かけ人、ルディ・ジュリアーニ顧問弁護士とトランプ大統領

対トルコの「咆哮外交」は成功したのか

 米国のドナルド・トランプ大統領自身が「型破りな手法」と言ってのけたシリアを巡る一連の言動に世界が振り回されている。

 過激派組織イスラム国(IS)掃討作戦で共闘したクルド人勢力を見捨てたかと思いきや、米議会の与野党、世論からの「クルド人を見捨てた」と批判が噴出すると態度を一変。

 今度はクルド人勢力を攻撃する同盟国トルコに制裁をちらつかせて「みせかけの停戦」(ナンシー・ペロシ下院議長)と引き換えに制裁を撤回。

 ところが大統領自身は、「こうした型破りの手法でなければ合意は達成できなかった」と自己弁護に終始している。

 米メディアはこのトランプ外交を「咆哮戦略」(Shout-it-out loud Strategy)と呼んでいる。

 中長期的な戦略などない、大声で怒鳴り散らすだけの思いつき外交の繰り返し。

 国際的視野に立って外交戦略を考えるブレーン不在。国務、国防両省や情報機関のキャリア官僚たちは皆そっぽを向いたままだ。

 はっきりしていることは、トランプ大統領自身、シリア情勢、いや再選に直接つながらない外交などはどうでもいいということ。

 一言で言えば「心ここにあらず」。

 大統領の脳裏を駆け巡っている煩悩はただ一つ。いかにしたら「ウクライナゲート疑惑」から逃れることができるか、にある。

関連記事(外部サイト)