サムスン電子に設立50年目で事実上初の労組誕生 経営側はそれでも「ほっと一息」、従業員は模様眺め?

サムスン電子に設立50年目で事実上初の労組誕生 経営側はそれでも「ほっと一息」、従業員は模様眺め?

サムスン電子製のスマートフォンで写真を撮る女性

 2019年11月16日、サムスン電子に労働組合が発足した。

 ナショナルセンター(労働組合の全国組織)傘下の本格的な労組で、韓国メディアは「無労組経営に幕」と報じた。

 サムスンにどうして労組がなかったのか?

 これからどうなるのか?

 韓国の産業界では大きな関心を寄せている。

「サムスン電子労働組合」は11月11日に雇用労働部に設置を届け出て受理され、この日に発足した。

 サムスン電子には、2018年に3つの労組ができてはいる。だが、このうち2つは加入者が2〜3人、もう1つも30人ほどとみられる。

初の本格的労組誕生

 この日できた労組は、加入者数を明らかにしていないが設立時に「500人は確保している」(韓国紙デスク)という。

 この人数よりも重要なのは、韓国のナショナルセンターである韓国労働組合総連盟(韓国労総)傘下の団体だということだ。

 今後、様々な活動をする際に、組織力、資金力、動員力、政治力などを備えた韓国労総が全面的に支援するということで、「事実上、サムスン電子では初めての労組」(韓国紙デスク)と言える。

関連記事(外部サイト)