革命的戦車T-34の名を聞くとロシア人の顔が輝く理由 現代戦車の歴史を塗り替えた祖国の救世主、その画期的性能とは

革命的戦車T-34の名を聞くとロシア人の顔が輝く理由 現代戦車の歴史を塗り替えた祖国の救世主、その画期的性能とは

スターリングラード攻防戦の激しさを今に伝えるロシア・ボルゴグラード(旧スターリングラード)の建物。スターリングラードは戦車T-34の主要生産拠点だった

(古是 三春:軍事評論家)

 ロードショー公開中のロシア映画「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」が日本でもかなりの評判を呼んでいる。

 かつて1960年代に制作されたソ連映画「ひばり」(邦題「鬼戦車T-34」)のストーリーを下敷きにしたリメイク作ではあるが、現代技術のCG、SFXを駆使した迫力とリアリティーのある画面づくりと娯楽演出面で、かつての社会主義時代の映画制作を超えた「楽しめる映画」に仕上げられているのが新作の特徴だろう。

 本国ロシアでも800万人の観客を動員したという大ヒット作だが、ソ連の戦争ものを語る時、例えば日本における戦艦「大和」や「ゼロ戦」(零式艦上戦闘機)など「鉄板モノ」といえる人気アイテムにあたるのが、T-34戦車なのである。

 近年、我が国にもロシア人が数多く観光やビジネスで訪れ、日本に長期滞在したり居住する人も増えている。老若男女を問わず、親しくなってきてから雑談の中で「自分は『テ・トリッツィーチティーリ』(T-34)を知っている」と話すと、たいていのロシア人は「なんで?」という顔をしたあと、喜んでくれる。

 彼らロシア人、いや旧ソ連圏の人たちにとってT-34は、2700万人もの犠牲を払わねばならなかった「大祖国戦争」(第2次世界大戦における独ソ戦を旧ソ連圏ではこう呼ぶ)を勝利に導いた救国の兵器なのだ。

関連記事(外部サイト)