ついにスマホブームは終わるのか? 今年の世界出荷台数、ほぼ横ばいとの見通し

ついにスマホブームは終わるのか? 今年の世界出荷台数、ほぼ横ばいとの見通し

教会でポケモンGO、動画撮影の若者を起訴 ロシア

 米国の市場調査会社、IDCがこのほど公表した最新リポートによると、今年のスマートフォンの年間出荷台数は約14億6000万台となり、昨年からの伸び率がわずか1.6%にとどまる見通しという。

先進国市場で成長止まる

 その主な理由は、先進国市場(米国、カナダ、日本、西欧)の出荷台数が落ち込むと見られていること。一方で新興国市場(日本を除くアジア太平洋地域、中・東欧、中東およびアフリカ、中南米)は今後もプラス成長が続くと同社は見ている。

 IDCが予測する2020年までの出荷台数の年平均成長率(CAGR)は、先進国市場がマイナス0.2%。これに対し新興国市場はプラス5.4%で推移するという。

 米アップルが「iPhone」の初代機を発売した2007年以降、世界のスマートフォン市場は急成長を続けてきた。例えば、IDCの6月のリポートによると、2014年における出荷台数の前年比伸び率は27.8%、昨年は同10.5%。

 IDCはこの時点で、今年の伸び率が3.1%にとどまるとし、伸び率が1桁台になるのは同社が統計を取り始めて以来初めてのことだと報告していた。

 しかし同社は今回これを1.6%に下方修正した。

 この話題について報じている米ビジネス・インサイダーの記事は、「もしこの予測が正しければ、iPhoneの登場から9年。世界のスマートフォン市場はついに、そのブームが終わることになる」と伝えている。

 IDCによると、スマートフォン市場は今、急速に既存ユーザーの買替え需要への依存度が高まりつつあるという。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)