AIアシスタントは家のあちらこちらに置く時代? アマゾンがスピーカー型アシスタント端末で新戦略

AIアシスタントは家のあちらこちらに置く時代? アマゾンがスピーカー型アシスタント端末で新戦略

アマゾン創業者の宇宙企業、大手と提携してロケットエンジン開発

 かねて報じられていたとおり、米アマゾン・ドットコムは9月14日、スピーカー型の音声アシスタント端末「Amazon Echo(アマゾン・エコー)」を英国とドイツで発売すると発表した。

6台セットと12台セットも販売

 Echoは同社が2014年11月に米国で発売し、これまで様々なサービスを追加して販売を拡大してきた。だが同社が米国外でEchoを販売するのはこれが初めてとなる。

 そして、アマゾンがこの日明らかにしたのは、これだけにはとどまらなかった。

 同社はEchoの姉妹製品である「Echo Dot(エコー・ドット)」の最新版(第2世代モデル)も併せて発表し、これを米国、英国、ドイツで販売することを明らかにした。

 このEcho Dotの新モデルは、高さが3.2cm、直径8.4cm、重さ163グラム。高さが23.5cmの旗艦モデル、Amazon Echoに比べると相当小さい。

 ただその分、価格を低く抑えている。しかも新モデルの価格は49.99ドルで、従来モデルの89.99ドルから大幅に値下げした。また同社はこの端末の6台セットと12台セットのパッケージも用意し、それぞれ5台、10台分の価格で販売する。

 このパッケージはまるで昔あった瓶入り炭酸飲料の6本パックのようだ。だがこの売り方に、アマゾン新戦略が見えてきたと言えそうだ。

2台同時反応を防止する新機能

 というのもアマゾンはこの端末を一家に一台ではなく、家のあちらこちらに置いてもらうことを想定しているからだ。

 同社の説明によると、例えばEcho Dotを寝室に置き、音声命令で目覚ましアラームをセットしたり、照明を消したりする。キッチンに置けば、料理のタイマーをセットしたり、計量単位の換算などをアシスタントサービスに尋ねたりすることができる。

 Echo Dotは、AI(人工知能)を使った音声アシスタントサービス「Alexa(アレクサ)」に対応する製品。Alexaでは音声命令によって、音楽を再生したり、ショッピングカートに商品を追加したり、宅配ピザを注文したりすることもできる。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)