アップル、「iPhone」を個人医療情報のハブに 医療・テクノロジーの専門家を採用し開発に注力

アップル、「iPhone」を個人医療情報のハブに 医療・テクノロジーの専門家を採用し開発に注力

iPhone 7、世界各地で販売開始 人気モデルは早くも品薄

 米通信社のブルームバーグや海外メディアの報道によると、米アップルは「iPhone」をユーザー個人の医療情報を管理する中心的な情報端末として進化させるべく、開発に力を注いでいるという。

データを分析、医師にアドバイス

 iPhoneには、「HealthKit(ヘルスキット)」という、フィットネス機器や健康管理のアプリからデータを集めて共有する仕組みがある。

 これとiPhoneの健康管理アプリ「Health」(日本語の名称は「ヘルスケア」)を組み合わせることでユーザーは自身のデータをiPhoneやApple Watchで確認することができる。

 しかし今後アップルが目指す方向に開発が進めば、HealthKitはこうした健康関連のデータを分析し、ユーザーや医師にアドバイスするようになるという。

 報道によると、アップルの最終的な目的は、HealthKitを医師などの医療関係者やユーザーに役立つ本格的な診断ツールにすること。これにより、現在医療現場が抱えている2つの問題が解決されるという。

 1つは、病院ごとに異なるデータベースの仕組みの垣根を越えて、患者の情報が相互に利用できるようになること。

 もう1つは、医師などが大量の患者データの中から顕著な情報を迅速に見つけ出せるようにし、病気の原因などを突き止める手助けをすることだという。

エキスパートを続々採用

 これに伴い、アップルはここ最近数多くの専門家を雇い入れていると、ブルームバーグは伝えている。

 例えば、米製薬大手メルク・アンド・カンパニー出身で、生物工学研究所セージ・バイオネットワークスを立ち上げた後、アップルのコンサルタントを務めたスティーブン・フレンド氏は今年6月、アップルの常勤社員になった。

 アップル出身で米フリップボードの共同設立者であるエバン・ドール氏は、7月にアップルに復帰。現在は健康関連ソフトウエアエンジニアリング部門のディレクターを務めている。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)