大統領の座はカネで買う、余裕のブルームバーグ 政策より打倒トランプを最優先に掲げ、全米屈指の大金持ち参戦

大統領の座はカネで買う、余裕のブルームバーグ 政策より打倒トランプを最優先に掲げ、全米屈指の大金持ち参戦

2020年大統領選への参戦を表明した元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏(バージニア州ニューフォークで11月25日、写真:ロイター/アフロ)

「より多くのカネをつぎ込んだ方が勝つ」

 米大統領選でよく語られてきた話である。2016年の選挙でドナルド・トランプ氏(以下トランプ)が当選するまでは、この話が30年以上も大統領選で生きてきた。

 候補が集金した資金を比較するだけで、選挙前に当選者が予想できもした。

 クリントン、ブッシュ、オバマの各大統領は2度ずつ大統領選で勝ち、いずれもライバル候補より多額の選挙資金を集めた。

 カネで直接、票が買えるわけではないが、テレビやラジオ、インターネットを使った政治広告は制限がないため(ツイッターの政治広告は2019年11月22日で禁止)、カネをつぎ込むほど多くの票を期待できた。

 選挙には莫大な資金が必要になる。大統領選はなおさらだ。

 50州で選挙事務所を開設し、運動員を雇用し、プラカードを印刷し、テレビCMを流すといくら資金があっても足りないくらいである。

 だが2016年選挙でそれまでのカネの神話が消えた。

 トランプが集金した選挙資金はヒラリー・クリントン氏(以下ヒラリー)が集めた額のほぼ半分だったが、それでも勝ったのだ。

関連記事(外部サイト)