韓国、輸出が10年ぶり2ケタ減少へ 「半導体」と「米中」が主因 対日影響は限定的

韓国、輸出が10年ぶり2ケタ減少へ 「半導体」と「米中」が主因 対日影響は限定的

韓国の首都ソウルの街並み。真ん中にそびえるのはロッテワールドタワー

 2019年12月1日、韓国の産業通商資源部は「11月輸出入動向(暫定値)」を発表した。

 11月の輸出も前年同月比14.3%減となり、12か月連続で減少した。2019年の年間輸出額は3年ぶりのマイナス、それも10年ぶりで2ケタ減となる可能性が高まった。

 11月の輸出額は441億ドルだった。

 輸出がマイナスに転じたのは2018年12月で、11月の輸出減でちょうど1マイナスが続いたことになる。

 マイナス幅は2019年2月に前年同月比11.3%だったが、その後5月まで3か月間は1桁だった。

 ところが、6月に同13.8減となって以降はずっと2ケタ減が続いてしまった。

11月までの年間輸出は10.7%減

 2019年1〜11月の累計輸出額は4968億6000ドル。前年同期比でマイナス10.7%となった。12月の輸出がかなり反転しない限り、2009年以来10年ぶりに2桁減となる。

「半導体の不振と米中摩擦による世界的な貿易減少」

 韓国産業通商資源部の発表資料には親切にも、「輸出上位10か国の輸出増減率」という一覧表が付いている。

 中国、米国、ドイツ、日本など主要国の2018年10月〜2019年9月までの前年同月比の増減率の表だ。

関連記事(外部サイト)