ロシアゲート中心人物、クシュナーの立身出世物語 三国志の英雄、呂布に似た男の顛末はまもなく決する

ロシアゲート中心人物、クシュナーの立身出世物語 三国志の英雄、呂布に似た男の顛末はまもなく決する

クシュナー氏、ロシア政府との秘密回線設置を提案していた 米報道

ホワイトハウスの貴公子は「英雄」から「悪玉」へ転落

 今米国で一番注目される貴公子は誰か。言わずと知れたホワイトハウスのジャレド・クシュナー上級顧問(36)だ。

 ドナルド・トランプ大統領の娘婿であり懐刀にして、「サイレント・パートナー」。それが政権4カ月にして「ウォーターゲート」事件の再現とすら言われる「ロシアゲート」疑惑の中心人物として世の中を騒がしている。

 米中貿易を手がけている香港出身、中国古典の愛好者であるビジネスマン某氏は、こう宣う(のたまう)。

 「唐納徳・特朗普(ドナルド・トランプ)を『三國志』の群雄に例えてみれば、賣里徳・庫許(ジャレド・クシュナー)は、差し当たり後漢末期の武将、『呂布』じゃないかね」

 「呂布」とは、ご存知、丁原、董卓に仕えた最強の武将。主君を次々と代えながらも、戦場では赤兎馬にまたがり、片天画戟を武器に敵をなぎ倒して武勲を遂げた容姿端麗、若き英雄(だった時期があった)だ。

 身の丈一丈、猛々しくも華やかで、凛々しい若武将・呂布。長身で無口だが、眼光鋭いクシュナー氏とがイメージ的に重なり合うと言うのだ。確かに美しい女性を恋人、妻女にしているのも似ている。

「逆玉」説を吹き飛ばし、義父を大統領にした優れ者

 呂布の強みが「武闘力」だとすれば、差し当たり、クシュナー氏の武器は類まれな「経営力」だ。そして大統領選を経て、その「経営力」は「政治能力」へと深化したようだ。

 「呂布もクシュナー氏もともに主君に忠誠を誓い、主君のために戦っているにもかかわらず、実は主君を操っているのはこちらではないか、と勘繰られる『危うさ』が見え隠れしている」と前述の香港出身のビジネスマンは分析している。

 米ジャーナリストの中にもクシュナー氏を「自らの野望を秘めた悪質なミレニアム世代の典型」と評する者も出ている。同記事には王冠を被ったキングK(クシュナー)が頬杖をついて腰かけている絵が添えらえれている。(参考=https://www.vice.com/en_us/article/jared-kushner-is-every-bad-millennial-stereotype-come-to-life)

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)