アップル、アプリサービスの収益化で市場をリード 利用者支出額、開発者収益でグーグルに差をつける

アップル、アプリサービスの収益化で市場をリード 利用者支出額、開発者収益でグーグルに差をつける

スマホの銀行口座情報、ハッカーの標的に 調査

 我々が普段利用するモバイルアプリの配信サービスには、米グーグルの「Google Play」と米アップル「App Store」があり、中国市場を除けば、この2つが世界の2大アプリサービスとなっているが、米国における最新のデータによると、両社の対決は、アップルに軍配が上がっているようだ。

1端末当たりの支出額はiPhoneが上

 モバイルアプリのマーケティング会社、米センサー・タワーがこのほど公表した米国市場のリポートによると、昨年(2016年)、Android端末の利用者がGoogle Playでダウンロードしたアプリの数は、1端末当たりの平均で42だった。これに対し、iPhone利用者の1端末当たり平均アプリダウンロード数は33と、グーグルに比べて少ない。

 しかし、利用者がアプリに支出した金額を見ると、Google Playの利用者が平均30ドルだったのに対し、iPhone利用者がApp Storeで使った金額は同40ドル。

 また、それぞれの利用者が支出した金額をアプリのカテゴリー別に見ると、Google Play、iPhone(App Store)ともに、「ゲーム」が最も多く、いずれも1端末当たりのゲームアプリに対する支出額は27ドルとなった。

 ところが、Google Play利用者のアプリ支出額全体に占めるゲームの支出比率は9割で、iPhone利用者の68%を大きく上回る。これは、Android利用者のゲーム以外のアプリに対する支出額がiPhone利用者のそれに比べて、著しく少ないことを意味すると、センサー・タワーは指摘している。

 例えば、エンターテインメントアプリへのGoogle Play利用者の支出額は0.44ドル。これに対しiPhone利用者は2.30ドル。こうした差は「音楽/オーディオ」のカテゴリーではさらに広がっている。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)