世界で最も日本人が殺される親日国、フィリピン わずかなお金でヒットマンを雇い、日本人が日本人を殺害も

世界で最も日本人が殺される親日国、フィリピン わずかなお金でヒットマンを雇い、日本人が日本人を殺害も

マニラのカジノで発砲、銃によるけが人なし 容疑者殺害

 最後の楽園と言われるフィリピン(西部パラワン州)のコロン島は、世界でも人気のダイビングスポット(米フォーブス誌が世界有数のダイバースポットに選ぶ)だ。

 最近では、世界自然遺産を抱える高級リゾートのパラワン本島と並び、セブやボラカイを凌ぐ観光地として人気が高まっている。島の中には熱帯雨林に抱かれた天然秘湯もあり、日本人にも今、注目のリゾート地だ。

 しかし、今、フィリピンでも犯罪とは無縁と思われていたその美しい秘境が、日本人を巻き込んだ殺人事件の舞台に“豹変”し、国内外で衝撃が走っている。

 殺されたのは、茨城県出身の新井康寛さん(24歳)と大阪府出身の井谷勝さん(59歳)の2人。訪れたパラワン本島に連なるコロン島で5月30日、地元のGMGホテルにチェックイン後、行方不明となっていたが、6月5日、同行していたフィリピン人通訳らが逮捕された。

 捜査当局によると、容疑者は日本人2人の頭部を銃で撃ち抜き、遺体は切断し、海に遺棄したと、供述しているという。

4月にも日本人殺害の事件が発生

 フィリピンでは4月にも、日本人が殺害される事件が起きている。

 4月20日夜、愛知県からフィリピンの首都・マニラを出張で訪れていたパチンコ関連企業「ジェーアンドエー」の社長、水野成規さん(48歳)の乗っていた車が銃撃された。

 殺害された水野さんは、新規事業視察のため、社員ら約20人と、同日午後にフィリピンを初めて訪れたばかりだった。

 水野さんは、マニラ市内の飲食店で社員らと夕食を取った後、4台の車に分乗し、ホテルへの帰路途中、ロハス大通りを走行中に、2人組のオートバイに乗った犯人から、左首に銃撃を受け、即死した。

 フィリピン国家警察によると、犯行に使用されたのは、45口径の大型拳銃。この飲食店に居る間から水野さんらは尾行され、犯人は水野さんの座席を確認後、水野さんらの車列を追跡。

 ロハス大通りの交差点での信号待ちの隙を狙って、水野さんに向かって5発発砲、現金などは何も盗まず、逃走した。当局は、手際の良さから「プロの殺し屋(ヒットマン)」の犯行とみて、捜査を進めている。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)