トランプも恐れる民主党の次期大統領候補 正真正銘の中産階級出身、ハーバード初の公立大卒教授

トランプも恐れる民主党の次期大統領候補 正真正銘の中産階級出身、ハーバード初の公立大卒教授

米トランプ政権、ホワイトハウス来訪者記録は公表せず

補選でも勝てぬ民主党をどうするか

 ドナルド・トランプ政権に入閣した2人の下院議員の議席を埋める補選が6月20日行われた。ジョージア州第6区とサウスカロライナ州第5区だ。ともに共和党の金城湯池と言われてきた選挙区だ。

 サウスカロライナ州の方は最初から民主党は劣勢とされていたが、選挙結果は大接戦となった。ジョージア州の方は最後まで大激戦が続いた。

 民主党は党を挙げて支援し、選挙資金2225万ドルと下院選では史上最高額を使ったが、得票率3%差で惜敗した。接戦は接戦でも負けは負けだ。

 来年には中間選挙が控えている。まだ先のことだが、過去5回の補選の結果(民主党1勝4敗)を見る限り、トランプ共和党政権が「ロシアゲート」疑惑で苦境に立たされているにもかかわらず、民主党は南部、中西部の共和党の牙城は打ち崩せそうにない。

 このままでは民主党の下院奪還は夢のまた夢になるかもしれない。

 それではどうするか。2020年の大統領選を見据えて共和党が全党一致して担ぐ「御神輿」がどうしても必要になってくる。

 「バラク・オバマ(大統領)去り、ヒラリー(クリントン大統領候補)が舞台を降りた状況から脱却するには新たに担ぐリーダーが不可欠になっている」(民主党全国委員会幹部)

 下院にはナンシー・ペロシ院内総務がいるが、すでに77歳。「民主党のイメージはトランプのそれに比べて魅力に欠けている。旧態依然とした指導層にその原因がある」と露骨にペロシ批判をする下院の若手議員も出ている。

 そうした折、ワシントンの政界玄人筋から注目されているのが、正真正銘のリベラル派「ジャンヌ・ダルク」こと、エリザベス・ウォーレン上院議員(68)だ。数年前までハーバード法科大学院で破産学を講義していた法律学者であり、2人の母親でもある。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)