人件費は上昇したのに、中国製品はなぜ今も安いのか 中国流「ローコストオペレーション」の強みと弱み

人件費は上昇したのに、中国製品はなぜ今も安いのか 中国流「ローコストオペレーション」の強みと弱み

ファーウェイが新型スマホ発表 「爆発はしません」

 6月29日、中国の通信大手の華為技術(ファーウェイ)が千葉県に工場を設立する方針であることが報じられました。工場は研究開発を主とするR&D拠点になると見込まれています。これまで製造業の進出というと、日本から人件費の安い中国への一方通行だったのが逆方向での進出になるということで、各所で驚きをもって受け止められています。

 今回のファーウェイの日本進出は、中国企業が大きく力をつけてきたことと、日中間の人件費の差がもはやそれほど大きくはないということを端的に示しています。しかし中国製品の価格は日本製品と比べ、いまだに大幅に安い傾向があることは周知の通りです。この相変わらずの価格差はどこからくるのか? 筆者は、中国企業が持つ最大の強みである徹底的な「ローコストオペレーション」によって差が開いているのではとみています。

 そこで今回はこのローコストオペレーションに着目して、筆者のこれまでの取材経験や実務経験を元に中国企業の長所と短所、日本企業との違いについて考えてみたいと思います。

人件費だけの差ではない日中製品の価格差

 かつて中国製品というと、安価だけれども品質が著しく低いことから「安かろう悪かろう」の代名詞として扱われてきました。現在も、建材や鉄鋼製品などいまだに品質面で目も当てられない製品分野は少なくありません。

 ただし、携帯電話をはじめ家電や日用消費品などは、中国の経済発展とともに年々品質が向上し、先進国でも実用に耐えるレベルにまで向上してきました。品質の単純比較ではまだ多くの面で日本製品が上回っていますが、コスト面では言うまでもなく中国の製品に分があります。国際市場における競争力では、残念ながら中国製品に軍配が上がるのが現状です。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)