プロレスでCNNを叩きのめすトランプに批判の嵐 「盟友」の元米下院議長が解き明かす大統領の本性

プロレスでCNNを叩きのめすトランプに批判の嵐 「盟友」の元米下院議長が解き明かす大統領の本性

トランプ氏、今度は動画で物議 プロレスで「CNN」をめった打ち

CNNを場外でこてんぱんに殴りつけるトランプ

 ドナルド・トランプ米大統領と米主要メディアとの「戦争」は、日増しにエスカレートしている。7月2日にはトランプ大統領は、ツイッターにプロレスのリングサイドで「CNN」と書かれた男をつかまえて、こてんぱんに殴り倒すYouTube動画を添付した(参考=ワシントンポスト紙)。

 これには、さすがに大統領を「弁護」していた保守系のメディアも含め、メディア全体が「それはやり過ぎじゃないか」と一斉に批判している。与党共和党の議会重鎮たちも大統領の行き過ぎに苦虫をつぶしたような顔つきだ。

 この数日前、CNNはトランプ大統領と親しいビジネスマンがロシア政府高官と密接な関係があるとスクープしていた。

 ところがその翌日にはこれが誤報であることが判明。CNNは謝罪、この報道に関係した編集者と取材記者ら3人が責任を取って辞任した。辞めた記者の1人は、調査報道でピューリッツアー賞を受賞する敏腕ジャーナリストだった。

 冒頭のツィッターは、大統領のCNNに対する日頃の鬱憤を晴らしたと言えるだろう。

 CNNと大統領とは、2016年の大統領選の最中から犬猿の仲。トランプ氏の目から見ると、CNNは常に同氏に批判的な報道をする「まるでヒラリー・クリントン(民主党大統領候補)の応援団」(トランプ氏)的存在に映っていたようだ。

 大統領就任以降、トランプ氏は、CNNだけでなく「ロシアゲート」疑惑追及では連日のようにスクープ合戦を演じているニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストを槍玉に挙げ、「奴らの記事はみなフェイクニュース(根も葉もない誤報)だ」とツイートしている。

著者ギングリッチ氏は政治学者、教授、作家と「四足の草鞋」

 トランプ大統領は、なぜ、そこまで主要メディアを目の敵にしているのか――。

 その疑問に答える本が出た。タイトルは「Understanding Trump」(トランプを知ること)。著者は、トランプ大統領とは「盟友関係」にある元下院議長だったニュート・ギングリッチ氏(74)だ。

 トランプ政権では国務長官、国防長官、あるいは他の重要閣僚になるのではないと報道されながら、結局ならなかった反民主党強硬派の大物政治家だ。なぜ、入閣しなかったのかについては諸説ある。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)