後半に期待集まる17年の世界のスマホ市場 4〜6月の出荷台数は1.3%減少

後半に期待集まる17年の世界のスマホ市場 4〜6月の出荷台数は1.3%減少

サムスン、「ギャラクシーS8」発表 新デザインで挽回狙う

 米国の市場調査会社IDCがこのほどまとめた、世界スマートフォン市場に関するリポートによると、今年4〜6月期における出荷台数は3億4160万台となり、1年前から1.3%減少、前の四半期から0.8%減少した。

上位メーカーがいずれも好調

 こうして世界のスマートフォン市場の規模は若干縮小したものの、上位の大手メーカーがいずれも出荷台数を伸ばしている点が、この4〜6月期の特徴だという。

 例えば、首位の韓国サムスン電子の出荷台数は1年前から1.4%増加し7980万台となった。2位の米アップルは同1.5%増の4100万台だ。

 3位から5位までのメーカーはさらに伸び率が高く、それぞれの台数は、中国ファーウェイ(華為技術)が同19.6%増の3850万台、中国オウポ(広東欧珀移動通信)が同22.4%増の2780万台、中国シャオミ(小米科技)が同58.9%増の2120万台となった。

 このうちシャオミは、しばらく上位5社のランキングから外れていた。しかし、この4〜6月期は、中国ビーボ(維沃移動通信)の台数を若干上回り、5位に浮上。シャオミは、インド市場で攻勢を掛けており、同国で初の実店舗を開設したり、地場の大型小売店と提携するなどして、小売事業の地歩を固めているという。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)