ロシア・ガスプロムの天然ガス輸出政策概観 輸出用天然ガスパイプライン建設報道の真偽

ロシア・ガスプロムの天然ガス輸出政策概観 輸出用天然ガスパイプライン建設報道の真偽

(露ガスプロム HP/“シベリアの力@”建設風景)https://www.gazprom.com/projects/power-of-siberia/?

プロローグ
ロシアの輸出用新規天然ガスPL概観

 2019年は、ロシアから欧州や中国向け輸出用天然ガスパイプライン建設構想が次々と実現する年になりました。

 日系各紙もここ数日間、ロシアの輸出用天然ガスパイプライン建設構想を大きく報じていますが、中には混乱している記事も散見されます。

 ロシア側の天然ガス輸出とパイプライン輸送は世界最大のガス会社ガスプロムが担当しています。現状を整理する意味で、本稿では以下3つの幹線パイプライン建設構想を概観したいと思います。

●“トルコ・ストリーム”(ロシアから黒海経由トルコ向け海底パイプライン)

●“ノルト・ストリームA”(ロシアからバルト海経由ドイツ向け海底パイプライン)

●“シベリアの力@”(“東ルート”)(東シベリア・極東から中国向け陸上パイプライン)

 一方、米D.トランプ大統領(73歳)は2019年12月20日、“ノルト・ストリームA”と“トルコ・ストリーム”を標的とする国防権限法に署名しました。

 この法律がロシアの新規パイプライン建設にどのような影響を及ぼすのか、併せて検討したいと思います。

 付言すれば、ロシアからウクライナ経由欧州向け天然ガストランジット輸送契約更改交渉が2019年12月19日、原則合意に達しました。

 このトランジット輸送契約は上記の“トルコ・ストリーム”と“ノルト・ストリームA”構想と密接な関連がありますので、追加情報として概観したいと思います。

 上記のトランジット契約は2019年末に失効します。契約更改に合意しなければロシア・ウクライナ・EU(欧州連合)大手ガス需要家全員が被害を蒙りますので、年内合意は当然の帰結と言えましょう。

 契約年数と天然ガス供給量も合意し、年末までにロシアとウクライナ間にて契約調印の運びとなりました。

関連記事(外部サイト)