ネット広告市場に忍び寄るアマゾンの脅威  eコマースの巨人、すでにツイッターを上回る広告収入

ネット広告市場に忍び寄るアマゾンの脅威  eコマースの巨人、すでにツイッターを上回る広告収入

アマゾンのJ・ベゾスCEO、世界一の富豪に 米誌長者番付

 インターネット広告の市場では、検索最大手の米グーグルと、ソーシャルメディア最大手の米フェイスブックが、世界における全広告収入の大半を稼ぎ出し、この市場を支配している。

 しかし、米ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、この市場では、eコマース世界最大手の米アマゾン・ドットコムが、着実にその広告収入を伸ばしている。将来、アマゾンは、グーグルとフェイスブックにとっての脅威になりそうだという。

(参考・関連記事)「さらに進むグーグルとフェイスブックの複占状態」

アマゾンのネット広告収入、66億ドル超に

 米金融大手JPモルガンの推計によると、2017年における企業別のネット広告収入は、グーグルが730億ドルで、首位。これにフェイスブックが400億ドルで次ぎ、このあと、米オース(米AOLと米ヤフーの親会社)の53億ドル、アマゾンの28億ドルと続く。

 アマゾンにおけるネット広告事業の規模は、グーグルやフェイスブックのそれに比べ、はるかに小さい。しかし、同社の広告収入は、すでに米ツイッター(20億ドル)と米スナップ(8億ドル)を上回っている。

 今年(2018年)のアマゾンの広告収入は45億ドル、来年は66億ドル超に拡大すると見られており、まもなく同社は、3位のオースを追い抜く可能性があると、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

グーグルやフェイスブックが入手できないデータ

 アマゾンはeコマースサイトで、「スポンサープロダクト」や「スポンサーリンク」といった広告商品を展開している。

 これらはいずれも、利用者が入力した検索キーワードや閲覧内容に関連する、スポンサー企業の商品を検索結果ページや商品詳細ページに表示するもので、同社はスポンサーから広告料を受け取っている。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)