過激な表現で平昌五輪を揶揄するラップが大流行 平和五輪どころか韓国内の分裂を煽る文政権に呆れる国民

過激な表現で平昌五輪を揶揄するラップが大流行 平和五輪どころか韓国内の分裂を煽る文政権に呆れる国民

寒さに懸念高まる平昌五輪開会式、選手らに不参加の動きも

 平昌(ピョンチャン)五輪が近づくなか、韓国では「平和(へいわ)五輪」VS「平壌(ピョンヤン)五輪」のバトルが深刻化している。

 韓国語では平昌、平和、平壌の「平」は「ピョン」と発音が同じだ。

 平昌は、冬季五輪候補地として3度も名乗りをあげ、3回目でやっと開催地に選ばれた。しかし、冬季五輪開催の決定に当時は喜んだものの、韓国人の関心は次第に薄れていった。

キム・ヨナ引退後は人材払底

 韓国にとっては非人気種目が多いからだ。金妍兒(キム・ヨナ)引退後は、フィギュアスケートの人材もいない。

 前政権では不祥事も重なり五輪の準備は遅々として進まず、開催日だけが近づいた。

 それなのに、平昌では書き入れ時とばかりに宿泊業者たちは法外な値段で予約を取り、それも非難の対象になった。

 観客席も売れ残り、文在寅(ムン・ジェイン)政権は大手企業に観客席購入を促すことも辞さなかった。しかし、大手企業はあまり手を貸したがらない。

 背景には、2015年に制定された「不正請託及び金品等授受の禁止に関する法律(公職者が職務関連性と関係なく金品を受け取ると刑事処罰を受ける法律で、食事3万ウォン、贈呈品5万ウォン、慶弔費10万ウォン以上だと処罰対象となる)」や文政権の大企業バッシングがある。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)