1位済州、2位大阪、3位福岡、4位東京…韓国連休人気地は? 平昌冬季五輪期間中でも、「旧正月」海外旅行ラッシュ

1位済州、2位大阪、3位福岡、4位東京…韓国連休人気地は? 平昌冬季五輪期間中でも、「旧正月」海外旅行ラッシュ

韓国・済州島に新空港建設へ、中国人観光客の急増で

 2月9日の平昌(ピョンチャン)冬季五輪開幕を機に韓国では、五輪のニュースが満載だ。一方で、ネットで意外な話題になったのが、「日本への旅行」だった。

 韓国のニュースは、開幕式前後には、「北朝鮮」一色だった。

 金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長や金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹である金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長の訪韓、「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」の公演、「美女応援団」・・・猛烈な「平和」攻勢だった。

 ところが、韓国で一般国民の関心が高いかと言えば、以前の「応援団」の登場や「南北共同行進」ほどの盛り上がりはない。

 ネットの話題を見ると、意外な項目が上位に入っていた。

冬季五輪開催中に旧正月連休

 「日本への旅行」だった。

 平昌冬季五輪の期間中である2月15〜18日は、韓国では「旧正月」の連休だ。土日を含めて4日間と決して長くはない。五輪開催中で、「テレビ観戦三昧か」と思いきや、この間に海外旅行に出かける人たちが予想外に多いのだ。

 大手旅行者などの話を総合すると、「2017年の連休に比べて海外旅行に出かける人は、10〜15%増になりそうだ」という。

 2017年の旧正月の連休(1月末)期間中、仁川(インチョン)や金浦(キンポ)など韓国内の14の空港から1日平均11万人が出国した。過去最高だったが、これを大きく上回るという見方が多い。

 ではどこへ出かけるのか?

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)