仰天内容続出!青瓦台の「国民請願」爆走中 サムスン裁判判事を罷免せよ、五輪選手地位剥奪を

仰天内容続出!青瓦台の「国民請願」爆走中 サムスン裁判判事を罷免せよ、五輪選手地位剥奪を

北朝鮮、韓国大統領府のレプリカを建造 演習に使用か

 「国民との意思疎通強化」を掲げて就任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)大統領。その目玉の1つが、青瓦台(大統領府)ホームページに作った「国民請願コーナー」だ。

 大統領への要求、不満、提案など何でも自由に書き込める。連日話題になり、この試みそのものを評価する声は多いが、仰天する内容も続出だ。

 書き込みは簡単だ。青瓦台ホームページに入り、「国民請願」コーナーに入れば、自由に書き込みができる。個人の中傷など、内容を見たうえで「書き込み」は公開される。

同じような意見が20万件集まれば回答

 同じような意見が1か月間に20万件以上あれば、青瓦台がこれに対して何らかの「回答」をする。

 2018年2月20日、この「国民請願」が大きな話題を呼んだ。

 1つは、昼前の青瓦台ネット配信で新たな「回答」があったのだ。

 この日の「生放送」には、青瓦台のニューメディア秘書官が登場した。進行役が、「青瓦台への請願に対して秘書官が回答します」と紹介した。

 「これまで最も早い速度で請願が20万件を超えた内容ですね」と紹介したのは何だったのか。

 2月5日、ソウル高裁は、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン=1968年生)副会長に対する「賄賂罪」などの控訴審で、「懲役2年6か月、執行猶予4年」の判決を出した。2017年8月の地裁判決は懲役5年の実刑判決だったから、「大幅減刑」だった。

 李在鎔副会長は約1年ぶりにソウル拘置所を出たが、この判決に対して国民の不満と批判が沸騰した。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)