原油価格70ドルが生命線、苦境のサウジの秘策とは “あの新技術”に白羽の矢、国内の軍需産業育成も急務

原油価格70ドルが生命線、苦境のサウジの秘策とは “あの新技術”に白羽の矢、国内の軍需産業育成も急務

サウジ首都で初の国際ハーフマラソン、優勝賞金2900万円

 2月上旬の世界同時株安の影響を受けて1バレル=60ドル割れしていた米WTI原油先物価格は、米国の株式市場の落ち着きとともに同60ドル台に回復している。

 世界の原油市場では、米国のシェールオイルの増産傾向が続いているものの、好調な世界経済がもたらす原油需要の拡大期待や、OPECをはじめとする主要産油国の協調減産が原油価格を下支えするという構図が相変わらず健在である。

 通常、米国ではこの時期、冬場の燃料油需要が縮小するため原油在庫が増加するが、昨年(2017年)末に発生したキーストーンパイプラインの原油漏れ事故の影響で、カナダから米国への原油輸出が減少していることがオクラホマ州クッシングの原油在庫の予想外の減少をもたらし、WTI原油価格の堅調さに寄与している。

仮想通貨で資金調達するベネズエラ

 資金不足に悩むベネズエラの減産も米WTI原油価格のじり高要因となっている。

 ベネズエラの1月の原油生産量は前年比20%減の日量160万バレルと過去30年で最低水準となった。国営石油会社PDVSAは給料をまとも支払うことができず、大量の従業員が退職する懸念が高まっている(2月15日付OILPRICE)。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)