ついにこの時が来た。スマホの年間出荷台数、初の減少  転換点を迎えた業界、次世代技術に期待

2017年の世界スマートフォン出荷台数は前年から0.5%減少 前年実績を下回るのは初

記事まとめ

  • 米国の市場調査会社IDCによると昨年の世界スマートフォン出荷台数は前年から0.5%減少
  • これらの機器が登場して以来、その年間出荷台数が前年実績を下回るのは、初めてのこと
  • 転換点を迎えた原因に、メーカー各社の技術革新競争が一様になってきことを挙げている

ついにこの時が来た。スマホの年間出荷台数、初の減少  転換点を迎えた業界、次世代技術に期待

ついにこの時が来た。スマホの年間出荷台数、初の減少  転換点を迎えた業界、次世代技術に期待

サムスン製スマホの虹彩認証を不正解除、独ハッカー集団

 米国の市場調査会社IDCが、このほどまとめた最新レポートによると、昨年(2017年)1年間の世界スマートフォン出荷台数は、前年から0.5%減少した。

2017年がその年だった

 同社によると、我々が後にスマートフォンと呼ぶことになった、これらの機器が登場して以来、その年間出荷台数が前年実績を下回るのは、初めてのこと。

 過去10年以上にわたり成長を続けてきたスマートフォン市場は、いつかその規模が縮小すると予想されていたが、2017年がその年だったという。

 2017年のスマートフォン世界出荷台数は、14億6200万台だった。世界最大の市場である中国が5%減となったことが大きく響いたという。ただし、EMEA(欧州・中東・アフリカ)も3.5%減少したほか、米国市場も横ばいとなるなど、振るわなかった。

製品の差異化が難しく

 IDCは、スマートフォン市場がこうして、転換点を迎えた原因として、メーカー各社の技術革新競争が一様になってきことを挙げている。

 例えば、これまでのメーカー間競争の中心は、ハードウエアデザインだったという。しかし、各社がこぞって、大型ディスプレーやベゼルのないデザインを採用したことで、これらの要素で製品を差異化するのが難しくなってきた。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)