平昌五輪の最大の金メダリストは「鳥」だった! 韓国中でチキン、チキン、チキン、4年で消費量倍増

平昌五輪の最大の金メダリストは「鳥」だった! 韓国中でチキン、チキン、チキン、4年で消費量倍増

名前に「ルイ・ヴィトン」冠した韓国のチキン店、罰金140万円

 米AP通信は、平昌冬季五輪期間中韓国を代表するソウルフードとして「チキン」を紹介した。チキンは英語から来たものではあるが、韓国では、鶏肉を焼いたり揚げたりする料理全般をいう。

 以前、「チメク」で紹介したように、韓国人はチキンとビールを合わせてよく食べる。ちなみに、サムゲタンという韓国の代表的な料理があるが、それをチキンと呼ぶことはない。

 イメージとしては、KFCのフライドチキンや鶏のから揚げやそれらに様々な味付けをする料理である。

4年で消費量が倍増

 どれだけ韓国人がチキンが好きかというと、韓国の2016年鶏肉1人当たりの消費量が13.8キロと、2000年(6.9キロ)に比べ倍増した。

 国民1人当たり1年で約14羽を消費している。チキン好きが高じて、「チムリエ」という資格まで作り出した。チムリエとは、「チキン」と「ソムリエ」をかけ合わせた造語で、チキン鑑別師とという意味だ。

 「大韓民国はチキン共和国」と自嘲するほどチキン店が多い。全国どこへ行ってもチキン店は存在する。

 2017年の全国のチキン・フランチャイズは、2万4453店舗。個人が運営するチキン店まで入れると4万店舗を超える。

 世界中のマクドナルド(約3万5000店)の店舗より多い。だが、2016年開店したチキン店は3980で、閉店したチキン店は2793と、すぐに店を閉める店舗も多い。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)