スマートウオッチ、ついに普及期に突入か  世界出荷台数、前年比60%増に、アップルは56%増を達成

スマートウオッチ、ついに普及期に突入か  世界出荷台数、前年比60%増に、アップルは56%増を達成

サムスン電子、IFAで新作スマートウオッチ発表

 米アップルが「Apple Watch」の初代機を発売したのは2015年の4月。このころ、この機器を含むスマートウオッチの市場は、まだ立ち上がったばかり。その年間出荷台数は、2000万台弱で、スマートフォン出荷台数の1%にも満たなかった。

 しかし、それから、まもなく3年。スマートウオッチの出荷台数は依然、スマートフォンの数パーセント程度だが、ここに来て、急速に伸び始めたという。

Apple Watchのシェアが63%に

 米ウォールストリート・ジャーナルが引用した、米IDCの調査レポートによると、昨年(2017年)1年間のスマートウオッチ世界出荷台数は、3270万台で、1年前から60%増加した。

 このうち、出荷台数が最も多かったメーカーは、米アップルだ。その台数は前年比56%増の1770万台だった。アップルは昨年9月に発売した第3世代モデル「シリーズ3」が、多くの消費者に受け入れられ、成功を収めたという。

 例えば、昨年10〜12月期に限って見ると、アップルの出荷台数は、1年前から58%増の800万台となり、市場シェアは、驚異的な63%を記録した。

アップル、ウエアラブル市場でも首位に

 興味深いのは、アップルはフィットネストラッカーなどのリストバンド型機器も含めたウエアラブル機器市場全体でも、首位になっていること。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)