大統領選まもなく投票、ロシアはこう変わる プーチン大統領が目指しているもの

大統領選まもなく投票、ロシアはこう変わる プーチン大統領が目指しているもの

ロシア、軍拡競争の意向なし 「無敵」兵器、条約違反を否定

プロローグ
ロシア大統領選挙候補者8人確定

 ロシア連邦のV.プーチン大統領代行(兼首相)は2000年5月、同国2代目の大統領に就任しました(初代大統領は故B.エリツィン氏)。

 ロシア憲法は連続3選を禁止しているので、プーチン大統領は憲法に従い、2008年5月に大統領職を退任して首相に転出。2012年5月には再度大統領に復帰して、今年3月18日の大統領選挙を迎えることになりました。

 ロシア中央選管は2018年1月12日に立候補受付を締め切り、計67人が立候補を申請。67人のうち21人が政党から、46人が無所属から立候補を表明しました。

 ロシア下院に議席を持つ政党からの候補者は党大会決議で立候補を中央選管に受け付けられますが、議席を持たない政党からの出馬は10万人の支持署名が、無所属出馬は30万人の支持署名が必要です。

 プーチン候補は今回、無所属出馬を選びました(前回は政権与党から出馬)。最終的に8人が立候補申請を正式に受理され、今回の大統領選挙に臨みます。

激動の2018年

 今年2018年はK.マルクス生誕200周年、「共産党宣言」(Das Manifest)が発表されてから170周年、「プラハの春」から50周年。日本では明治維新戊辰から150周年、日本の「シベリア出兵」100周年になります。

 ロシアでは3月18日の大統領選挙後、5月に新大統領が誕生して、内閣改造に入ります。

 本稿では、今後の日露関係、ロシアの大統領選挙とプーチン次期政権の方向性と後継者問題、およびCIS諸国の動きなどを予測してみたいと思います。

 2018年も2017年同様、北方領土問題では日露間の進展は見られないでしょう。

 米EIA(エネルギー局)は2018年2月6日、2050年までの長期油価予測を発表しました。油価は緩やかな上昇を続けると予測、油価上昇は旧ソ連邦の資源国経済に好影響を与えます。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)