日本は専制国家に戻るロシアを追い詰めてはいけない 「東洋的専制国家」の中国とロシア、その共通点と相違点

日本は専制国家に戻るロシアを追い詰めてはいけない 「東洋的専制国家」の中国とロシア、その共通点と相違点

プーチン氏再選、任期24年まで 権力手放す可能性は?

 今年もまた花粉症の季節である。うっとうしいこと限りない。目も鼻もかゆい。のどもかゆい。耐えがたい苦しさである。花といえばサクラというのが日本人の常識であろうが、花粉症患者にとっては、花といえばスギの花とその花粉である。花粉症患者にとって、まったくもって春は憂鬱な季節だ。

 この時期になると毎年思い出すのは、19世紀ロシアの詩人プーシキンの詩の一節だ。それは、「秋(断章)」という詩の第2連である。詩人は、秋の素晴らしさを語りながら、春については嫌悪感をあからさまに示している。

 

 詩人は花粉症に苦しんでいるわけではないが、「わたしは春をこのまない」と明言している。春は必ずしも万人にとってすばらしい季節というわけではない。

 日本では詩人のプーシキンはそれほど有名ではないが、詩人の名前を冠した美術館は比較的知られているかもしれない。それはモスクワにあるプーシキン美術館のことだ。プーシキン美術館は、ロシアではサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館についで規模の大きな美術館だ。私も訪れたことがあるが、フランス印象派のコレクションでは世界有数の存在である。ちょうど今年(2018年)4月から東京都美術館で『プーシキン美術館展−旅するフランス風景画』という美術展が開催されるので、フランス絵画が好きな人は足を運んでみてはいかがだろうか。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)