米大統領選に出没した「孤高の英雄ハッカー」の正体 プーチン帝国の謀略(1)

米大統領選に出没した「孤高の英雄ハッカー」の正体 プーチン帝国の謀略(1)

トランプ政権、選挙介入でロシアに制裁

 3月22日、米ウェブメディア「デイリービースト」が興味深いスクープ記事を発表した。2016年の米大統領選で民主党全国委員会のサーバーに侵入し、データをネットで暴露したハッカーの正体が、ロシア軍の情報機関「参謀本部情報総局」(GRU)将校だったことが判明したというのだ。

 このハッカーは当時、ネット上で「GUCCIFER 2.0(グーシファー2.0)」と名乗っていて、自身を単独で活動する個人のハッカーと偽装していた。とくにヒラリー・クリントン候補にマイナスな情報を暴露したため、グーシファー2.0は当時、トランプ支持者のオルタナ右翼や、クリントン候補と民主党予備選で戦った超リベラル派のバーニー・サンダース候補の支持者の間でヒーロー視された。

 米大統領選でトランプ候補が勝利した背景に、ロシア情報機関によるSNSニセ情報拡散工作があったことが判明しているが、そういった情報工作の中でもクリントン陣営への大きなダメージとなった民主党全国委員会へのハッキングが、すべてロシア情報機関による秘密工作だったことが確認されたことで、またひとつプーチン政権の謀略の徹底ぶりが浮き彫りになったことになる。

米IT調査企業が暴いたロシア情報機関のハッキング

 グーシファー2.0がネット上に突然現れたのは、2016年6月15日。6月7日に民主党予備選でクリントン候補が勝利宣言をした1週間後だった。それは、ワシントンポスト紙が「ロシア政府のハッカーが米民主党全国委員会に不正侵入。対立候補トランプに関する調査データを盗む」とのスクープ記事を掲載した日の翌日であり、その調査を行ったITセキュリティ企業のクラウドストライク社が調査レポートを公開した当日だった。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)