アマゾンが次に狙っているのは顧客の家 自前のハウスクリーニングサービスを密かに開始

アマゾンが次に狙っているのは顧客の家 自前のハウスクリーニングサービスを密かに開始

米アマゾン、自動精算の実店舗を来年開設へ シアトルで試験中

 米アマゾン・ドットコムは、同社の本社がある、ワシントン州シアトルで、直接雇用した従業員を使ったハウスクリーニングサービスを始めていると、米ブルームバーグが伝えている。

お膝元のシアトルでサービス開始

 確かにアマゾンのウェブサイトを見ると、「Amazon Home Assistants」というページがある。ここには、次のように書かれている。

「我々の技術スタッフは、すべてアマゾンが雇用している熟練した専門家です。我々が使う洗剤は、100%環境に優しく、子どもにも安心な製品で、アマゾンの販売サイトで4つ以上の星が付けられています」

 ブルームバーグによると、アマゾンは現在、シアトルでハウスクリーニングのスタッフを雇い入れており、すでに実験的なサービスを始めている。

 その料金は、家の大きさや依頼頻度によって異なるが、例えば139平方メートル(42坪=約80畳)の家の場合、156ドルだという。ウェブページによると、サービスには、このほか、洗濯、食器洗い、ゴミの処分といったものもある。

マーケットプレイスとは異なるサービス

 アマゾンが、ホームアシスタントのスタッフを募集しているという報道は、1年半前にもあった。

 同社は、2015年に、「Amazon Home Services」と呼ぶ、家庭向けサービスを提供するマーケットプレイスを開始した。利用者は、ハウスクリーニングや、家具の組み立て設置、家の修繕やリフォーム、水道工事といったサービスをサイト上で見つけ、日時を予約して地域の専門業者からサービスを受けられる。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)