アップル、インテルと決別か?  Macにも独自プロセッサーを採用する計画

米アップルがMacに搭載するプロセッサーをインテル製から独自に開発し採用する計画か

記事まとめ

  • 米アップルがMacに搭載するプロセッサーを、自社開発するものに切り替える計画と報道
  • 20年にも独自開発のプロセッサーを搭載したMacパソコンが登場する可能性があるという
  • 予定どおりに進めばインテルにとって痛手になるだろうと、ブルームバーグは伝えている

アップル、インテルと決別か?  Macにも独自プロセッサーを採用する計画

アップル、インテルと決別か?  Macにも独自プロセッサーを採用する計画

アップルユーザーの個人情報を販売、22人を拘束 中国

 米アップルが、同社のパソコン「Mac」に搭載するプロセッサーを、現行のインテル製から、自社で開発する独自のものに切り替える計画だと、海外メディアが報じて話題になっている。

2020年にも独自チップのMac登場か

 このニュースを最初に伝えた米ブルームバーグの記事によると、この計画は「カラマタ(Kalamata)」というプロジェクト名の下で進められており、2020年にも独自開発のプロセッサーを搭載したMacパソコンが登場する可能性があるという。

 この計画は、すでにアップルの幹部が承認している。今後、スケジュールが遅れたり、計画そのものが頓挫する可能性もあるが、もし、予定どおりに進めば、インテルにとって痛手になるだろうと、ブルームバーグは伝えている。

アップルには2つのメリット?

 ブルームバーグによると、独自開発のプロセッサーをMacに用いることは、アップルに2つのメリットをもたらすという。

 1つは、インテルという他企業の製品開発サイクルに左右されることなく、自社のスケジュールに基づいて、パソコンを開発したり、発売したりすることができること。

 米HP Inc.、米デル・テクノロジーズ、中国レノボ・グループ(聯想集団)、台湾エイスース(華碩電脳)といった大手パソコンメーカーは、いずれもインテル製のプロセッサーを採用している。もし、アップルが、独自チップを用いたパソコンを開発すれば、こうしたライバルよりも迅速に新機能を搭載することができ、製品の差異化が図れるという。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)