アマゾン、次世代の商取引プラットフォームは音声?  Alexaを使った個人間送金サービスを計画中

アマゾン、次世代の商取引プラットフォームは音声?  Alexaを使った個人間送金サービスを計画中

アマゾン、ヘルスケア企業設立へ バークシャー・JPモルガンと提携

 アマゾン・ドットコムは、同社のAI(人工知能)アシスタント「Alexa」を使って、利用者同士がお金のやり取りをできるようにするサービスを開発しているという。

ベゾスCEOが推進する新たなビジネス領域

 このニュースを伝えた米ウォールストリート・ジャーナルによると、アマゾンがこうしたサービスを拡充することで、Alexaへの消費者の支持がさらに高まる可能性があるという。

 また、主力事業のeコマースのほか、クラウドコンピューティングや、エンターテインメントサービスも手がけるアマゾンは、新たなビジネスを探索している、とも同紙は伝えている。

 もし、個人間送金サービスが立ち上がれば、現在、銀行やクレジットカード会社が支配している決済サービス市場に、アマゾンが本格参入することになる。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、この計画は、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が推し進める金融サービスに関する、より広範な事業計画の一環。

車載Alexaでガソリン代の支払いも

 例えば、ベゾス氏は、消費者が、乗用車に搭載されたAlexaを使い、ガソリンスタンドでガソリン代を音声命令で支払うという仕組みも検討している。

  事情に詳しい関係者によると、同氏は昨年(2017年)、複数の従業員に対し、金融サービスに取り組むプロジェクトを推し進めるよう指示した。また同社は、組織再編も行い、「Amazon Pay」をAlexa開発の部門に組み入れたという。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)