グーグルのスマートシティー事業、初の大規模都市開発開始へ  いよいよ今夏、カナダ・トロントで技術試験

グーグルのスマートシティー事業、初の大規模都市開発開始へ  いよいよ今夏、カナダ・トロントで技術試験

インド、グーグルに罰金命令 「検索結果に偏向」

 米グーグルの持株会社アルファベットには、さまざまな子会社があるが、そのうちの1つに、スマートシティーなどの都市開発事業を手がけるサイドウォーク・ラボ(Sidewalk Labs)がある。

 英ロイター通信によると、このサイドウォーク・ラボが参画する、カナダ・トロントの都市開発事業が、いよいよ、その第1段階に入るという。同社の最高経営責任者(CEO)兼会長のダニエル・ドクトロフ氏が、ロイターとのインタビューに応じて、語った。

政府とグーグルの共同事業体

 カナダ政府、オンタリオ州政府、トロント市による、同市のウオーターフロント再開発計画事業「ウオーターフロント・トロント」は昨年(2017年)、サイドウォーク・ラボをパートナー企業に選び、「サイドウォーク・トロント」という共同事業体を発足させた(PDF書類)。

 その目的は、カナダの最大都市、トロントのダウンタウン地区南東に位置する、オンタリオ湖を臨む地域に、最先端技術を導入した街をつくること。これは、ポートランズと呼ばれる地区で、敷地面積は800エーカー(約3.2平方キロメートル)。プロジェクトでは、まず、その一部であるキーサイドと呼ばれる12エーカー(4万9000平方メートル、東京ドーム1個分)の地区で開発を始める。

 今回のロイターの報道によると、この共同事業による都市開発が、本格的に始まるのは2020年。サイドウォーク・ラボは、今夏にも、そのための技術試験を始める見通しという。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)