なぜヘッジファンドは原油買いを続けているのか 米国経済にとって真の脅威となる原油価格の下落

なぜヘッジファンドは原油買いを続けているのか 米国経済にとって真の脅威となる原油価格の下落

内戦下のイエメン、子ども50万人が通学断念 教育機会欠如は200万人に

 米WTI原油先物価格は、下落圧力が強まる中で約3年ぶりの高値となっている

 最も大きな下落圧力となっているのは、「米中貿易摩擦が世界経済の減速を招き原油需要の減少につながる」との警戒感の高まりである。米国政府が中国製品に対する関税引き上げの規模を500億ドルから1500億ドルに拡大すると発表したことから、「米中は話し合いで貿易問題を解決する」との期待が冷え込みつつある。

 また、米国の石油掘削装置(リグ)稼働数の増加が続いているのも弱材料である。前週末のリグ稼働数は11基増の808基となり、前年同期に比べ約2割増の水準となった。

 これに対し、相場の下支えとなっているのは地政学リスクである。

 シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとの疑惑が浮上したことから、トランプ大統領は4月9日、アサド政権への軍事行動も辞さない姿勢を示した。その直後にシリア国営メディアは、「イスラエル軍のF15戦闘機がレバノン領空からミサイル攻撃を行った」と報じた。市場関係者は「シリア情勢の緊迫化によって米国のイラン核合意離脱の可能性がさらに高まった」と受け止めている。

原油価格の現実的な“実力”は?

 こうした貿易摩擦の懸念や地政学リスクは、先行き不透明感が高まる中で市場関係者を神経質にさせているが、現実の原油需給への影響が顕在化しているわけではない。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)