トランプ大統領の淫らすぎる下半身が次々白日の下に コミー前FBI長官の新著が暴露する事実に全米騒然

トランプ大統領の淫らすぎる下半身が次々白日の下に コミー前FBI長官の新著が暴露する事実に全米騒然

前FBI長官、疑惑調査発表は「クリントン大統領」の正当性のため

ブッシュにもオバマにも信頼されていた「正義の味方」

*(すでに200万部完売)のショックがまだ冷めやらぬ中、またまた衝撃的な本が出ました。初版は85万部、ベストセラー間違いなしです。

*"Fire and Fury: Inside the Trump White House," Michael Wolff

 著者は、1年前まで3年8か月「泣く子も黙るFBI(米連邦捜査局)」の長官を務め、ロシア疑惑捜査の陣頭指揮を執っていたジェームズ・コミー氏(57)。トランプ大統領に「忠誠」を誓えと言われ、拒否したために解任されました。

 これまでにも何度か議会証言に立ち、ロシア疑惑をめぐってトランプ大統領が捜査を早期終結するよう執拗に迫っていた経緯の一部を明かしたことはあります。

 ただ捜査中でもあり、国家機密もからむ事案ですから証言内容には制約がありました。その点では「ロシア疑惑」って何なのかを知りたい米国民にとっては苛立たしさがありました。

なぜトランプ氏は「ロシア疑惑」を恐れているのか

 新著のさわりはすでに主要メディアにリークされています。

 「トランプはマフィアのボスだった」とか、「トランプは道徳とか真実よりも(自分の作り上げた)組織を重んじる」といったコミ―氏の「トランプ観」が描かれています。

 トランプ氏は不動産業で巨万の富を得たとはいえ、あくまでも「トランプ商会」のワンマン経営者。側近の話には一切耳を傾けぬ「マフィアのボス」的体質は大統領になっても変わっていません。そのことはいまや、誰もが分かっている話です。

 米国の一般市民が知りたいのは、トランプ大統領がなぜそれほど「ロシア疑惑」捜査を恐れているのかです。

 そのことについてこの間までFBI長官だったコミ―氏が明かしているところが本書の最も重要な点ではないでしょうか、

 「ロシア疑惑」捜査は、コミ―氏の後を受け継いだマイケル・モラー特別検察官によって現在も続けられています。いつまでに終わるという期限はありません。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)